大豆田とわ子と3人の元夫

みなさん、こんにちは。タクティです。

本日はこちらです「大豆田とわ子と三人の元夫」

みなさん今シーズン、ドラマは見ていますか?

実は私は普段ほとんどドラマを見ないのですが、こちらのドラマ、大豆田とわ子と…略してまめ夫と呼ばせていただきます。

まめ夫だけは毎週見ています。というのも1話を見まして、なんだか、私自身魅かれるものがありまして、今では毎週火曜日の21時が楽しみでしかたがなくなっております。

特徴として、ナレーションから始まり、今週の出来事をハイライトで伝えた上で始まるんです。

不思議ですよねぇ。そしてとわ子さんのカメラ目線でタイトルコールにより今週の話が始まります。

最後は、またとわ子さんのカメラ目線でタイトルコールをして毎回終わります。

そこが何とも引き込まれていくんです。

ナレーションによる心の描写もあり、小説を読んでいるような感覚にも似ています。

更に注目すべきは、毎回の登場人物で豪華ゲストが出ます。ここも楽しみのひとつ、

個人的に驚いたのはエンディングテーマをSTUTSという好きなトラックメイカーが手掛けており、毎回違う注目の若手ラッパーが歌っています。そしてそのアーティストらも毎回の話の中のどこかに登場してくるという仕掛けもあるところが、斬新なんです。

また、エンディングは毎回が洗練されたMVが流れているような演出でおしゃれな大人のドラマを感じさせてくれます。

そんな「まめ夫」も次で明日で最終回を迎えるんです。楽しみですが、寂しくもある心境です。

それで、今回はそんな「大豆田とわ子と三人の元夫」について、語っていきたいと思います。

前回までのネタバレも含みますので、まだ見てなくて楽しみにしている人はこの先は見ないようにしてください。

おさらい

まずはこちらのドラマの主人公は「大豆田とわ子」さんです。

40代で住宅設計の会社の社長、自身も建築家で現在独身で一人の娘がいます。

そんな彼女は結婚と離婚を3回経験しています。つまり元夫達が3人もいるわけなんです。

まず最初の夫は、田中八作、二番目の夫は佐藤鹿太郎、三番目の夫は中村慎森です。

このドラマは大豆田とわ子と三人の元夫たちに起きる様々な出来事、大事件や小さな事件や珍事件を描いた話となっております。

いわゆるコメディなタッチで描かれてはいるのですが、それだけではなく、時にヒリヒリとした緊張感のある場面も織り交ぜてくるところが、私の惹きつけられたところなのかもしれません。

そして、もうとにかく毎週、毎週

とわ子さんは大変でした。

冒頭、自宅の網戸が外れちゃいます。網戸が外れることを戦争より嫌いな、とわ子さんです。

台所の上の戸棚を開けると、なんでって言うほど、大量のパスタをかぶってしまうとわ子さん。

疲れ切って帰宅途中に、工事現場で穴にハマってしまってしまいます。

イケメンの船長には、結婚詐欺に合いかけてしまいます。

ノコギリ女となり騒ぎになって警察に連行されます。

謎の書初めを発見したりします。

小学生ぶりに親友と漫画を描きます。

ダンディな社長にパワハラまがいの拉致をされてしまします。

こんな感じで、様々な恋や苦悩を乗り越えてきました。

しかし、大変なのはとわ子さんだけではないんです。

三人の元夫もそれぞれ色々あったんです。

本当にキャラが仕上がっている三人の元夫たち

英字シャツをいじられる鹿太郎はカメラマン、とにかく器がちいさい男ですが、憎めません。

運動神経がゼロの慎森は弁護士です。理屈屋で傷心のまま下手くそな自暴自棄バスケをする様がなぜかかわいいんです。

女性にモテる八作はレストラン経営をしています。あえてモテないように女性に振る舞ったりしても、かっこいいんです。

とにかく、いろいろと珍事件が各回で起きすぎるんです。

そんな最中、三人の夫たちは、新たな恋の出会いがあったんです。

八作は経営するレストランに来た友人の恋人、早良に一目ぼれをしてしまいます。

鹿太郎は、女優の美鈴と出会い心がときめいてしまいます。

慎森は、謎の女、翼にあれやこれやと振り回されてしまいます。

そんな、三組がなぜか一同に集まって、とわ子の家でギョーザパーティでギョーザを作って、食べて、飲んで、そしてそして全員解散!

これにより元夫たちの間に不思議な絆が生まれました。

ただ、そんな一癖あるギョーザパーティの一方で、とわ子の親友のカゴメが急死してしまいました。

独りぼっちでこの世を去ってしまったカゴメを想い、1年間も心が沈んでしまったとわ子さん。

そんな、とわ子さんの心を救ったのは、三人の元夫たち、ではなく

極端すぎる、ツンデレ男の小鳥遊さんだったんです。

とわ子と仕事上では対立関係にある小鳥遊さん。

不思議なファミレスデートを重ねていく度に、互いに惹かれ合っていきます。

小鳥遊さんらしい、プロポーズを受けたんですが、まさかまさかの、とわ子さん。

プロポーズをお断りしちゃうんです。

プロポーズを断ったその夜、八作のお店を訪れたとわ子さん

二人は、静かに語り合います。もしも離婚しなかったら、というもう一つの世界線を想像します。

そうしながら、結局はいつもの日常に戻っていきました。

もう、最終回なのではないかというような前回の話でしたが、次回が本当の最終回です。

本当にどうなるのか、どうなってしまうのかが楽しみです。