世にも奇妙な君物語 【シェアハウさない】

みなさんこんにちは

タクティと申します

今回のブログは読書感想ブログです

タイトルにある通り

朝井リョウ著 世にも奇妙な君物語の第一話【シェアハウさない】

というお話の感想を書いていきたいと思います

シェアハウさない

この話の主人公は「田上浩子」(たのうえひろこ)という人物

過去にとある事件をきっかけに性犯罪について研究するフリーライターをしています

浩子が居酒屋さんで一人でお酒を飲んでいるところから始まります

けっこうお酒も入り酔っぱらっています

泥酔状態です

浩子は初めてライターとしての大きな仕事が決まって、祝い酒にと、一緒に飲んでくれる人を探して友達に電話をかけまくっていましたが、

結局誰もつかまらずに一人で飲んでいました

しかたなく帰ろうとしたとき、酔いもまわったせいか、酩酊状態に。

一人では帰れない状態となったとき、居酒屋にてある女性に助けらます

目が覚めると

浩子は、とある一軒家で目が覚めます

そこは、とても開放的なリビング

そこにいた40代くらいの女性「真須美」

どうやら彼女が昨夜、酩酊状態の浩子をこの家まで運んできてくれたようです

彼女はとても親切で明るく、お水や朝食まで出してくれました

浩子も恐縮しつつも、真須美からの好意に甘えることに

そんな時、突然この家に「ごめんなさい」と慌てて、謝りながら帰宅してきた人物

20代後半くらいの女性「由香里」です

浩子は挨拶をして、この家に来た経緯を説明しようとすると

真須美から遮るように「通りかかった道で倒れていた」と伝えられます

そんな真須美の言葉に浩子は首をかしげます

酔っぱらっていたけど確かに居酒屋の中で助けられたはず…

まあいいか、と思いながら

三人での朝食。

キッチンにあるホワイトボード。

そこに書かれていたのは、

真須美、由香里以外に、章大(あきひろ)良治(りょうじ)の男性の名前が書かれていました

どうやら、この家は女性2名、男性2名で共同生活を送るいわゆるシェアハウスのようです

それを知った浩子は心の中で興奮します

というのも、ライターとして仕事で特集記事を担当することになったテーマが、まさにシェアハウスでした

この機会を逃す手はないと、このシェアハウスの住人たちに取材を試みるため接触を図っていきます。

シェアハウスでの食事会へ

浩子は、助けてもらったお礼にと、後日、手土産を持参してシェアハウスへ行きます。

そこで、前に会えなかった良治、章大とも会うことができ、

みんなで夕食を共にすることになります

良治は40代半ばで、貿易会社勤務、身なりもよく収入もあることがうかがえる

章大は今年30になる。営業職で明るく、女性にも臆することな接する様子からモテてきたであろう

収入もある、友人もいる、料理屋や家事もできる

彼らがなぜ一緒に暮らしているのか?

浩子はますます彼らに好奇心を抱き始めます

一方で感じた違和感もありました・・・

真須美との出会い、

助けられたときの説明は相変わらず

「道端で倒れていたのを、偶然そこにとおりかかった。私が居酒屋にいたわけじゃない」

と、明らかにその説明は嘘をついているものでした

もう一つ気になること

4人もの大人の食事会で、皆がお茶等を飲んでおり誰もお酒を飲まないこと

これは、浩子も少し気になった程度でした。

一緒に住むことに

食事会の際に、近く由香里がシェアハウスを出て一人暮らしを始めることを知ります

浩子はチャンスとばかりに、自分が由香里と入れ替わるカタチでシェアハウスに住ませてもらえないか提案します。

協議の結果後日、住人達からの許可もでて一緒に暮らすことになりました

一緒に暮らすことになり、わかったこと。

シェアハウスにはネット環境がなく、住人は誰もパソコンを使わないこと

ホワイトボードに必ず帰宅時間を書くこと

それ以外は特にはない

浩子は思い出します

初めてこの家にきた朝、由香里は慌てて帰宅。

そして真須美に帰宅が遅くなったことを謝っていた

大人が朝帰りしたことに対して、謝ることに浩子は違和感を感じていた

どうして帰宅時間にそこまでこだわるのか・・・

浩子の過去

浩子は過去にあったとある事件をきっかけに性犯罪を研究するフリーライターです

その浩子も暗い過去を背負っていました

実はその「とある事件」の当事者は浩子自身でした

浩子自身が性犯罪に巻き込まれた被害者でもありました。

微力かもしれない、だけど、何かしたい。自分のような思いをする人が少しでも減るように

そんな思いから浩子は海外や様々な性犯罪の資料を集めて研究をしているのでした。

そんな資料を見ながらも、シェアハウスへ引っ越すため荷造りをしていると、

シェアハウスの住人の良治から電話がかかってきます。

今から家に来れないかな?

明日の引越しのことでちょっと確認しておきたいことがあって

わざわざ家にいかないと確認できないことってなんだろう・・・

そう思いながらも浩子はシェアハウスへ行きます

感想

と、ここからがこの【シェアハウさない】のクライマックスになります

ここからの展開が一番の見どころ、読みどころなので、ブログではここまでにしておきますね

私の読み終わったときの感想としては、少しの放心状態と

一見シェアハウスというポップなテーマですが、生々しいリアルな部分も垣間見てしまった気持ちになりました

これまでの浩子が感じ取っていた違和感の伏線も最後は回収されていきます

なぜネットがないか、お酒を飲まないのか、

最後の物語のテンポは急加速していく、リビングでの展開、演出はゾクゾクしてしまい

私自身も本の中に入り込み、一気に読んでしまいました

まさに本家の世にも奇妙な物語を彷彿とさせる感じです

あのテーマ曲が聞こえてきそうです

気になる方は是非続きをこちらの本、「世にも奇妙な君物語」【シェアハウさない】をチェックしてみてください。

堺にオープン!歴史の街・バーチャル観光名所

みなさんこんにちは、タクティです。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

私は、大阪、堺市で生まれて育ちました。そして、今も堺に在住しています。

それもあり、私が住んでいる堺という街の魅力もお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

私の簡単なプロフィールです。

中学1年の頃スケボーにドはまり、18歳から31歳まで某フィットネスクラブにてインストラクター、その後、無資格でヘルパーとして病院に3年間勤める。この頃、地元の友達とバンド結成。ラップに出会う。介護福祉士取得後は訪問介護へ転職。現在は同事業所にて管理者兼サービス提供責任者に。現在もバンドは継続中。16年の結婚生活も終わりを迎え、猫と二人で暮らす齢40になる男

堺市にある世界遺産

2019年に「百舌鳥・古市古墳群」として大阪府初の世界遺産登録に盛り上がった堺市に、実は、2021年春に最新の観光スポットが誕生していたんです。

3月には迫力のある8Kシアターのある、「百舌鳥古墳群ビジターセンター」

4月には「さかい利晶の社」に最新のVR体験ができる「タイムトリップ堺」がオープンしていたんです。

私は、堺に住んでいながら実はごく最近知りました。

コロナ禍での開業ということもあってか、なかなかこの情報はまわりでも知られていないような気がします。しかし、緊急事態宣言も明けたということで、週末や休日のおでかけにお勧めしたいバーチャル体験ができるこの2つの、最新スポットを紹介していきます。

堺の街を空中散歩!?

1つめは日本最大の古墳、「仁徳天皇陵古墳」の近くにオープンした「百舌鳥古墳群ビジターセンター」。仁徳天皇陵古墳の立体模型や全国の古墳にまつわるパネル展示などで、古墳や歴史について学べる施設です。

目玉は、アーチ状の巨大なスクリーン(14M×3M)があるシアタールームで映し出されるのは堺の上空からの映像で、堺の歴史や文化を旅する内容です。この映像は床にまで映し出されるので、映像の世界の中に没入しているような不思議な感覚になるとか。しかも、こんな体験を味わえるにも関わらず、入館料は無料というのがすごいです。

同じ4月には隣にある大仙公園内にある「堺市博物館」の古代展示でも百舌鳥古墳群に特化した内容にリニューアルされています。

世界遺産となった仁徳天皇陵古墳をめぐる際の予備知識を得るにはうってつけのスポットですね。また、レンタサイクルもありますので、大仙公園から百舌鳥古墳群を回るコースは昨今のコロナ禍においても、お勧めのおでかけスポットです。

最新VRで千利休と対峙!?

2つ目は、あの堺の偉人・千利休と与謝野晶子を通して堺の歴史、文化を体験できる

「さかい利晶の社」内にオープンした、最新のVR「タイムトリップ堺」

堺の街全体を濠(ほり)で囲んで独自の発展を遂げてきた中世の「環濠都市・堺」がテーマで、当時の街並みが最新のVRで再現されて、堺の街の人々の生活の様子など俯瞰で見ることができるようです。

また他のシーンでは、茶室に3Dホログラムで千利休が現れて、千利休と対峙して、お茶をいただく疑似体験もできます。実は高身長だったという千利休の臨場感も見どころになるかもしれません。

他にも、堺の旧市街には、4月にリニューアルオープンした「堺伝統産業会館」に「刃物ミュージアム」なんかもあって、包丁のシャンデリアは必見だとか。ゆっくりと堺をめぐる阪堺電車(通称チンチン電車)に乗って歴史の街・堺を周遊してみるのはいかがでしょうか?


紹介したどちらも最新技術が使われており、時空を越えて、今まで見たことのない堺を見せてくれるでしょう。私も地元堺にこんなスポットがあったとは知りませんでしたので、まだ旅行には行きにくいけど、近場でできる新しい体験を求めて、堺を旅してみたいと思いました。

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回感想

どうもこんにちは、タクティです。

さぁ今回はドラマ、「大豆田とわ子と三人の元夫」の個人的感想を書いていきたいと思います。

とうとう終わってしまいました。私の週1回の楽しみの時間。

本当に久しぶりにドラマにはまりましたよ。

一言で「大豆田とわ子は最高です」

最終回のざっくりあらすじ

結局、4度目の結婚には踏み切ることはなく、1人で生きていく道を選んだとわ子さんは、元夫3人との関係も変わることはなく、仕事においてもいつもの平穏な日常を送っておりました。

そんなある日、とわ子さんは自宅にて、亡くなったお母さん(ツキコさん)の荷物が入った段ボールの中から、お母さんの夫である旺介さんと離婚をする前に書き綴られた手紙を発見しました。

そこに書かれていたのは、母ツキコの切ない想いだったんです……

亡き母の伝えきれなかった想いを伝えに行く

母ツキコさんの手紙は「なぜあなたを選ばなかったのか」夫と娘の面倒を見るだけの人生なんて」といった言葉がつづられていました。

これを見たとわ子さんと娘の唄ちゃん、手紙の相手であるマーさんへ手紙を届けに会いに行くことになりました。

家に尋ねると、手紙の相手マーさんは女性だったことがわかりました。

唄ちゃんは素直に聞きます「恋人だったの?」と直球の質問にマーさんも、ツキコとは相思相愛だったことを認めるんです。

複雑な心境のとわ子さんは、ツキコがマーを選ばず旺介と結婚して、自分を産んだ理由を問います、マーさんからは「あなた、不安だったんだよね。

大丈夫だよ、ツキコはあなたのことを愛してた」との言葉に涙を流すんです。

とわ子は、感じます。母ツキコは幸せだったのだと。

また、西園寺君に依存気味になっていた唄ちゃんの心境の変化も見れました。

その二人の会話を側で聞いていた唄ちゃんは、改めて医者になることと決意するんです。

個人的に、最終回の最も心に残ったセリフ

個人的にこの、マーさんとのエピソードでは、私は涙してしまいました。

とわ子さんは、母ツキコの手紙を見て、母はマーさんのことを愛していた。

しかし結ばれることはなく、父と結婚して自分が生まれた。

もしかすると、自分は望まれないで生まれてきたのではないか?愛されていなかったのではないか、そんな複雑な心境だったのだと思います。

でも、マーさんからの次の言葉

「家族を愛していたのも事実。自由になれたらと思っていたのも事実。矛盾してる。でも誰だって心に穴をもって生まれてきて、それを埋めるためにジタバタして生きてる。一人の中にいくつもの矛盾があって、どれも嘘じゃない」


この言葉は本当に私自身、腑に落ちたセリフでした。きっと誰しも状況は違えど思い当たるエピソードはあるのではないでしょうか?


生まれた環境や仕事や家庭や恋愛など上手くいかないことだらけかもしれないけど、それでもジタバタして生きているのかもしれません。でも、それでいいんだと思わせてくれる言葉でした。

そんな言葉に、とわ子さん「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えるんです。

マーさんは「あなたにお礼を言われる覚えはないわ」と微笑みます。

とわ子さん「時々、ここに遊びにきてもいいですか?」と和やかな空気が流れます。

ここのシーンも良かったですね。

なんか全てを肯定されたような、穏やかな気持ちになって、私、勝手に涙が流れておりました。


このドラマ、とわ子さんは幸せなんだと映してるだけじゃなくて、上手くいかないことも、嫌な出来事もたくさんあって、それでも人生を楽しく生きている。

そんなところに不思議と自分を重ねてしまうのかもしれません。
幸せの尺度は人それぞれ違いますが、幸せを感じるハードルは低いほうがいいと、私は思っています。

朝起きて天気が良かったら幸せを感じるし、おいしいゴハンを食べたら幸せだし、音楽を聴いてるとき、猫といるとき、大切な人と過ごす時間、嫌なことも悩みや挫折もあるけど、人生はそれでいいんだと思わせてくれました。

みなさんはこのドラマどう感じたでしょうか?
いやしかし、大豆田ロスになることは間違いありません。またいい小説やドラマ、映画などあったらまた書いていきたいなーと思います。では、また。