猫からの学び【何事にも好奇心を持つ】

みなさん、こんにちはタクティです。

本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。

今回のブログは、ネコブログです。

私は、猫と二人暮らしをしています。

猫の名前はトム。3歳になる雑種のオスの猫です。

トムとの出会い

トムとの出会いは、

ある日の5月の夜、家の前に停めていた自家用車のボンネットの中から可弱くも力強い猫の鳴き声が聞こえてきました。

ボンネットを開けると、そこにはまだ生後間もない猫、トムがいました。

そこから、なんとかかんとか、油で汚れたトムを救出しました。

それから3年、すくすくとトムは育ちました。

そして現在、私はトムと二人で暮らしています。

それまでの私は、小学生のころに一度、猫を飼ったことがありました。

当時の私は、母と二人で暮らしており、猫を飼うことに憧れていました。

人から子猫を譲り受け飼うことに、当時子供だった私は、結局猫の世話も母に任せてしまっていたと思います。

でも猫は大好きで寝るときも一緒に寝たりして、母が入院をした時なんかは、私の寂しさを埋めてくれていたように思います。

でも私が、大人になってからは、どこか猫を飼うことに対しては、おっくうで世話をするのが面倒だとか、お金もかかりそうだとか、いつからかマイナスな考え方を持つようになっていました。

しかし、トムと出会ってからは、猫に対する考え方が変わりました。

ボンネットから救出したその日から、そのルックスに魅了されてしまいました

確かに世話もかかるし、お金もそれなりに必要になります。

でも、今ではペットとしてではなく、トムの姿や行動を通していろいろなことを学ばせてもらっている気がしています。

そんな、猫のトムから学んだことをこちらのブログからも発信していけたらと思います。

猫は開拓者

トムは今の家に引っ越してきた時、知らない場所に連れてこられてとても不安そうでした。

「ここはどこ?知らない匂いばかりだぞ?」

はじめは、部屋のすみっこにじっとしていましたが、敵がいないことがわかれば、家中をひたすらぐるぐる、匂いを確認しながら探検してまわります。

時折、柱や壁などに頬をこすりつけています。

きっと自分の匂いを付けているのでしょう。

トムは何に対しても興味を持ちます。

家の中で、自分の知らない場所がないようにくまなく調べていきます。

テーブルの上、キッチンの上、トイレやお風呂など未開拓の地を開拓していくようにどんどん探検していきます。

一通り探検をした後、次にトムが目を付けたのが、DIYで設置したキャットウォークでした。

壁一面にトムのために設置したキャットウォークはトムの好奇心をそそります。

私もトムの為に設置したので、興味を持ってもらえたことに嬉しくなります。

しばらく見守っていると、一番下の段にひょいと、静かに飛び乗ります

匂いを嗅ぎながら、次の段へ、ひょい!

トムの好奇心は止まりません

次に目標を定めたのは一番上の段です。

行くと決めたら強い決意をもって挑みます

見事!一番上の段にも着地成功!

なんとなくトムも満足そうであります

その表情もどこか得意気です。「どう?すごいだろ?俺に行けないところは、ないんだぜ」

そう自慢しているようにも見えてしまいます。

でも、しばらくすると、何だか様子が変です。

上から下を見下ろしながら「にゃあ~」と鳴くのです

その表情はどこか不安気です

ん?これはもしかして?

そうです、飛び乗ったのはいいものの、どうやら降りることが出来なくて鳴いているみたいです。

さっきまでの、得意気な表情は曇っています。

トム「あれ?上から見るとけっこう高いな!どうしよう~」

私は手を貸さずにしばらく見守ることにしました。

するとトムは諦めたのか、その場でペタンと横になりウトウトと眠りだすのです

「まぁいっか、なんとかなるか」とでも思っているんでしょうか…

しばらくして、眠りから覚めると、トムはいつもの寝起きに行う全身のストレッチをして、高さにも慣れたのか、下の段に飛び降り難なく着地を成功させます。

どんな事にでも好奇心を持ち、前だけを見て挑戦する

人の目なんて気にせず、失敗することなんて考えません。

失敗したらその時また考えればいい。何とかなるさ

トムは自分の姿や行動からそんなことを、私に教えてくれているのかもしれません。

猫からの学び【自分に正直】

みなさんこんにちは、タクティです。

ブログを見てくださりありがとうございます。

今日はタイトルからもわかる通り、ネコブログです。

よかったら読んでいってやってください。

猫と二人暮らし

私は猫と二人暮らしをしています。

今年の3月に私が離婚をして、それから猫と二人暮らしとなりました。

猫の名前はトム。オスの三歳です。

名前の由来はアニメの「トムとジェリー」から拝借しました。

カラダの模様?柄がなんとなく似ていたからです。

猫との二人暮らしは発見の連続です。

きっと彼は私のことをご主人様とかっていう認識ではないように思います。

私もペットというよりは、パートナーとか友人に近いかもしれません。

お互いに持ちつ持たれつの関係で、成り立っています。

そんな彼からの学びを書いていきます。

トムの日常

トムと暮らしていると、色々と思う事、考える機会を与えてくれます。

私は、ペット飼育可能な賃貸マンションに住んでいますが、猫にとっては満足のいく生活ができているのでしょうか?

賃貸のワンルームマンションではきっと走り回ったり運動をしにくいかなぁ、と思いDIYでキャットウォークを作ったり、キャットタワーも設置したりしていますが、果たして満足してくれているのか…?

トムに聞きますが、トムは何を答えるわけでもなく後ろ足で首のあたりを搔いています。

トムは1日で寝ている時間も長くて、一緒に家にいる時はずーっと寝ている時もあったりします。そんな時はチャンス!

今のうちにブログでも書こうと思ってパソコンを開けて、テーブルにお水をいれて、おつまみのナッツも用意して準備を始めます。

さて、作業を開始しようかなーとブログを書き始めると、今まで寝ていたトムがテーブルの上に飛び乗り、パソコンの裏から私をジーっと見つめてきます。

私は来たな~と思いながらも、かまっていると進まないので黙ってスルーします。

トムはジーっと私を見続けています。

トム「おい、そろそろ遊ばないか?」

私「・・・・・・」

トム「おい、無視してんじゃないよ」

私「・・・・・・」

こちらが何をしていようとトムにとって関係ありません

自分の気持ちをまっすぐ伝えてくるのです。

「お前が何をしているかとか知らねえ、おれは今遊びたいんだ」

もう、横暴です、暴君です

目で訴えても、聞いてくれないとき、俺様トムは他の方法でアピールしだします

部屋の壁を自慢の爪でガリガリ

トム「ほら、これでどうだ?」

これは、私も無視していられないので、止めに動きます。

トムもわかってやっているみたいで、私が動き出すと、「やったー遊ぼうぜー!」と言わんばかりに飛んで逃げます

トムの作戦にかかった(かかってあげた)私は部屋の中でトムを追いかけまわします

トムもわざとなのか、すぐに捕まえられます。

両手でトムの体をガシッと掴むとゴロゴロと喉を鳴らしているのです。

猫のゴロゴロ音

トムからは嬉しさを隠し切れずに喉から大きなゴロゴロの音を聞くとなぜか、私も嬉しくなってしまうのです。

ちなみに、この猫のゴロゴロ音には色んな種類があるそうです

まず、リラックスしている時、幸せを感じている時、喜んでいる状態を周囲に知らせることができるので、人間でいうところの笑顔に近いかもしれません。

また、このゴロゴロ音ですが、人間にとってもメリットがあるとか・・・

猫のゴロゴロ音の低周波はほぼ25ヘルツといわれており、これは体の緊張をほぐす副交感神経を優位にする効果があるそうです。

副交感神経が優位になれば、ストレス解消効果や免疫力もアップするとも言われております。

低周波には多幸感がえられる「セロトニン」を分泌させる効果もあります。

猫のゴロゴロ音は自律神経やホルモンバランスまで整える効果があるとは驚きです。

少し脱線しちゃいましたが、

そんなことを何回か繰り返しながら、ブログを書いたり、作業をしたり、歌詞を作ったりしています。

何とかかんとか、作業を終わらせた私は、心置きなく「よーし!トム遊ぼうかー!」

とトムの方へ行って遊ぼうとすると、トムはもう寝るモードに入っています。

トム「いやーまた今度、今は眠いから寝るよー」

これが人間だったら許されるのでしょうか?

しかし、そこで自分の気持ちに正直に生きることの難しさを知るのです。

こんな風に生きていけたなら、今とは違う景色が見えたりするのだろうか、とか思ってしまいます

猫は、人間が難しいと感じていることでも、とても簡単にやってしまいます

ひょいと、いとも簡単に、

あくせく働く人間を横目に「人間は大変だねぇ」とあくびをしながら言っているようです。

【自分に正直】シンプルでかつ、壮大な生き方をトムに学ばせていただいています。

本日もよろしくお願いします。



猫からの学び【疲れたなら休む】

みなさん、こんにちはタクティです。

今日もブログを見ていただいて、ありがとうございます。

今回は猫ブログです。

猫と二人暮らし

私は猫と二人暮らしをしています。

今年の3月に離婚をして、猫と二人で暮らすようになりました。

猫の名前はトム、3歳になるオスのネコです。

最初は急に引っ越しをして、突然の環境の変化により、不安からか、部屋の隅っこに行ってジッとしていました。

トムは意外にも繊細なところがあり、しばらく戸惑っていて、食欲もなくなり、トイレも中々出来ないでいました。

トム「ここはどこだよ、なんか知らない匂いばっかりだな…」

少しずつ部屋中の匂いをかいで探索を始めます。

どうやら危険なものはないみたい

自分の敵もいないようだな

まぁ、タクティも一緒だし大丈夫かな…

といった具合に少しずつ、何日かかけて新しい居住環境にも慣れていきました。

でも、私は私で、トムを一人にするのが心配で、仕事に行ってる時も頭の片隅でずっと気になってしまします。

大丈夫かな…寂しがっていないかな

何より、私がトムに会いたくなってしまいます。

夕方、仕事が終わって家に帰り、玄関を開けるとトムが小走りでお出迎えにきてくれます。

トム「やっと帰ったか~どこ行ってた~!」

ゴロゴロ喉を鳴らしてひっくり返ります

なでてくれよ~、頭と背中もなでてくれよ、あごの下はマストでよろしく

と言わんばかりにゴロゴロ鳴らしています

私もその様子を見て嬉しくなって、帰宅後、しばらくはトムとの遊びタイムになります。

ボールやゴムで部屋中を何往復も走り回り、体中に有り余ったエネルギーを放出していきます。

やがて、トムは床にペタンと寝転がって、

「もういいぞ、疲れたから休むわ」

という顔をして悠々と休みます。

トムは私の顔色を伺うことなく、遊んでほしいときは「遊ぼうぜー」と訴えてきて

おなかが空いたら「腹減ったからメシくれよー」と私が寝ていようが、何をしていようが、トムには全く関係ありません。

トムからの学び

遊びたい時は遊ぶ。

寝たい時は寝る。

一人でいたいときは一人でいる。

疲れたなら休む。

自分に正直に生きるという一番シンプルで一番難しい生き方をトムはいつもそばで、自分の姿をもってして、伝えてくれているみたいです。

今日もトムはありのままに生きています。

私もそんなトムは憧れでもあり、友人でもあります。

いつかトムのように生きれたなら、そんなことを想いながら今日もトムからアドバイスをもらい生きています。

タクティプロフィール

中学1年の頃スケボーにドはまり、18歳から31歳まで某フィットネスクラブにてインストラクター、その後、無資格でヘルパーとして病院に3年間勤める。この頃、地元の友達とバンド結成。ラップに出会う。介護福祉士取得後は訪問介護へ転職。現在は同事業所にて管理者兼サービス提供責任者に。現在もバンドは継続中。16年の結婚生活も終わりを迎え、猫と二人で暮らす齢40になる男

【彼の名前はトム】

私は猫と一緒に暮らしています

彼の名前はトム。

今年で3歳になります。

手足が白くて、肉球はピンク色をしている。いわゆるキジトラという特徴的な毛の模様をしています。耳の先だけちょんと毛が立っているのも特徴的です。

最近食欲が更に増してきて、少々首回りに脂肪が付いてきたのが私は気になりますがトムはそんなこと全く気にしていない様子です。

生活習慣は、典型的な夜型のネコで、夜になると、遊べ遊べと、にゃーにゃーうるさくなります。

昼間は寝ていることが多いせいか、夕方に私が仕事から帰宅すると、さぁ!今から遊ぶんだよな!と言わんばかりに、にゃーにゃーと鳴き出します。

おもちゃを使って有り余った体力を使い切るくらい走り回って遊ぶのですが、すぐに飽きて、今度は私が相手をしてくれなくなってしまいます。

引っ越したばかりの部屋の壁は爪とぎに使うし、毛が大量に抜けて1日に何度もクイックルワイパーで掃除をしています。布団にもコロコロを日々転がし続けています。

こうして、今もブログを書こうとパソコンに向かいだすと、かまってくれアピールなのか、邪魔ばかりしてきます。

パソコンのキーボードの上をゆうゆうと歩き、暗号のような文字がブログに羅列していきだします。やがてどこかのページにぶっ飛んでしまいトムが横断し終えたら元の状態に戻していく作業を始めます。

本当に、一緒にいるとたくさん迷惑をかけられてしまいます。

そんな彼の名前はトム。

私はトムにこれまで何度も救われてきました。

ネコという生物

彼との出会いは、ある5月の夜、家にいると外から猫の鳴き声が聞こえてきました。

鳴き声のトーンから子猫のあの独特な弱弱しく頼りのない鳴き声でした。

気になって、外にでて鳴き声の元を探って、何とか辿っていくと、家の前に停めていた車から聞こえてきていました。

どうやら車のボンネットあたりから聞こえてきます。

これは、たまにニュースなどで見かけるボンネット猫だと思いました。

それから、すったもんだあって何とかボンネットを開けてエンジンルームに手を突っ込んで、油まみれになったその猫を掴んで取りだしました。

生後1ヶ月ほどの子猫、ススやら油やらで汚れていましたが、子猫なりに威嚇するように私に向かって鳴きわめいているようでしたが、もちろん子猫ということもあり、私には、その警戒心すらもかわいく感じました。

この猫にトムと名付けて一緒に暮らすことにしました。

これがトムとの最初の出会いでした。

友人でもあり家族

相手は猫がゆえに、人の言葉は通じないし、猫が発する言葉も全く理解できません。

理解しあおうという考えに無理があります。だって違う生き物だから理解しあうことなんか無理に決まっています。

でも、なぜか私は毎日トムに対して、人間に話すかのように声をかけています。

何でしょう、友人に話すように、家族に話しかけるみたいに、家に人が居るかのように喋っています。

彼は友人なのか、家族なのか、どっちでもあるような、どっちでもないような、

この様子を誰かが見たらどう写るのでしょうか?

言葉が理解できる訳ないのに、話しかけている…人間が猫に…

ある種、異様に感じて見えるかもしれません。

でも、私はトムに話しかけていますし、トムも相変わらずにゃーにゃーと今も私に、何か話しかけてきています。

仕事から帰ってきて、疲れていますが、お構いなしです。

痛みも苦ではない

それと、トムはとにかく噛みます。噛みつきます。

抱きかかえた手に嚙みつきます。ブラシでトムの毛を整えている私のその手も噛みます。

なんなら私の手に噛みついたまんまの状態で眠りにつくこともあります。

こうなると、起こすと悪いかなと思い私は片手をトムに奪われた状態で何とか他のことをします。

人間、何とか片手でも大体のことは工夫すれば出来るもんですね。

噛みつかれたことによりトムの歯形がくっきりと手に残ってそこがヒリヒリと痛みます。

あと、トムがいつも噛みつく箇所があってお気に入りなのか、感触が良いのか、親指と人差し指の間にある少したわんだ皮膚を噛むのが好きなようです。

私としても、ここならあまり痛みが感じにくいので、不思議と苦ではないと思っています。

きっと猫が本気の力を出して噛みつけば血も出るだろうし、キズも残るでしょう。

でも、いつもキズが付くことはありません。

きっと彼なりに手加減して噛みついているからなのでしょう。

食う、寝る、遊ぶのループ

そんな手のかかる友人なのか、家族なのか、彼と私は一緒に暮らしています。

そんな彼は割と留守番も得意なようで、一人になった時間も大切に使っていると思います。

お腹が空いたらご飯を食べて、眠たくなったらお気に入りの毛布で眠る。

たまにテレビも見たり、輪ゴムやネズミのおもちゃで走り回って遊びます。

遊び疲れたなら、また眠ります。眠りから目が覚めて、お腹がすいたら私にご飯を要求してきます。

まさに、食う、寝る、遊ぶの無限ループです。

人間だったなら、これはきっと成功者の暮らしだと思います。

彼は、部屋に設置しているキャットタワーの最上段から窓の外を眺めるのが日課となっています。

向かいのマンションの住人のことについては、たぶん私より、彼の方がよく知っているかもしれません。

もしも、彼がヒトだったなら、きっと仲良くなれなかっただろうと思います。

こんな性格や態度で、ましてや、一緒に暮らすなんてことは無理だったでしょう。

今年の3月に私は、離婚をして引っ越しをして新生活を迎えました。そんな日でも彼は私の隣にいました。

頬を私の肘にこすり付けてきています。

そんな彼に私は今日もまた、救われています。