猫からの学び【何事にも好奇心を持つ】

みなさん、こんにちはタクティです。

本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。

今回のブログは、ネコブログです。

私は、猫と二人暮らしをしています。

猫の名前はトム。3歳になる雑種のオスの猫です。

トムとの出会い

トムとの出会いは、

ある日の5月の夜、家の前に停めていた自家用車のボンネットの中から可弱くも力強い猫の鳴き声が聞こえてきました。

ボンネットを開けると、そこにはまだ生後間もない猫、トムがいました。

そこから、なんとかかんとか、油で汚れたトムを救出しました。

それから3年、すくすくとトムは育ちました。

そして現在、私はトムと二人で暮らしています。

それまでの私は、小学生のころに一度、猫を飼ったことがありました。

当時の私は、母と二人で暮らしており、猫を飼うことに憧れていました。

人から子猫を譲り受け飼うことに、当時子供だった私は、結局猫の世話も母に任せてしまっていたと思います。

でも猫は大好きで寝るときも一緒に寝たりして、母が入院をした時なんかは、私の寂しさを埋めてくれていたように思います。

でも私が、大人になってからは、どこか猫を飼うことに対しては、おっくうで世話をするのが面倒だとか、お金もかかりそうだとか、いつからかマイナスな考え方を持つようになっていました。

しかし、トムと出会ってからは、猫に対する考え方が変わりました。

ボンネットから救出したその日から、そのルックスに魅了されてしまいました

確かに世話もかかるし、お金もそれなりに必要になります。

でも、今ではペットとしてではなく、トムの姿や行動を通していろいろなことを学ばせてもらっている気がしています。

そんな、猫のトムから学んだことをこちらのブログからも発信していけたらと思います。

猫は開拓者

トムは今の家に引っ越してきた時、知らない場所に連れてこられてとても不安そうでした。

「ここはどこ?知らない匂いばかりだぞ?」

はじめは、部屋のすみっこにじっとしていましたが、敵がいないことがわかれば、家中をひたすらぐるぐる、匂いを確認しながら探検してまわります。

時折、柱や壁などに頬をこすりつけています。

きっと自分の匂いを付けているのでしょう。

トムは何に対しても興味を持ちます。

家の中で、自分の知らない場所がないようにくまなく調べていきます。

テーブルの上、キッチンの上、トイレやお風呂など未開拓の地を開拓していくようにどんどん探検していきます。

一通り探検をした後、次にトムが目を付けたのが、DIYで設置したキャットウォークでした。

壁一面にトムのために設置したキャットウォークはトムの好奇心をそそります。

私もトムの為に設置したので、興味を持ってもらえたことに嬉しくなります。

しばらく見守っていると、一番下の段にひょいと、静かに飛び乗ります

匂いを嗅ぎながら、次の段へ、ひょい!

トムの好奇心は止まりません

次に目標を定めたのは一番上の段です。

行くと決めたら強い決意をもって挑みます

見事!一番上の段にも着地成功!

なんとなくトムも満足そうであります

その表情もどこか得意気です。「どう?すごいだろ?俺に行けないところは、ないんだぜ」

そう自慢しているようにも見えてしまいます。

でも、しばらくすると、何だか様子が変です。

上から下を見下ろしながら「にゃあ~」と鳴くのです

その表情はどこか不安気です

ん?これはもしかして?

そうです、飛び乗ったのはいいものの、どうやら降りることが出来なくて鳴いているみたいです。

さっきまでの、得意気な表情は曇っています。

トム「あれ?上から見るとけっこう高いな!どうしよう~」

私は手を貸さずにしばらく見守ることにしました。

するとトムは諦めたのか、その場でペタンと横になりウトウトと眠りだすのです

「まぁいっか、なんとかなるか」とでも思っているんでしょうか…

しばらくして、眠りから覚めると、トムはいつもの寝起きに行う全身のストレッチをして、高さにも慣れたのか、下の段に飛び降り難なく着地を成功させます。

どんな事にでも好奇心を持ち、前だけを見て挑戦する

人の目なんて気にせず、失敗することなんて考えません。

失敗したらその時また考えればいい。何とかなるさ

トムは自分の姿や行動からそんなことを、私に教えてくれているのかもしれません。

猫からの学び【自分に正直】

みなさんこんにちは、タクティです。

ブログを見てくださりありがとうございます。

今日はタイトルからもわかる通り、ネコブログです。

よかったら読んでいってやってください。

猫と二人暮らし

私は猫と二人暮らしをしています。

今年の3月に私が離婚をして、それから猫と二人暮らしとなりました。

猫の名前はトム。オスの三歳です。

名前の由来はアニメの「トムとジェリー」から拝借しました。

カラダの模様?柄がなんとなく似ていたからです。

猫との二人暮らしは発見の連続です。

きっと彼は私のことをご主人様とかっていう認識ではないように思います。

私もペットというよりは、パートナーとか友人に近いかもしれません。

お互いに持ちつ持たれつの関係で、成り立っています。

そんな彼からの学びを書いていきます。

トムの日常

トムと暮らしていると、色々と思う事、考える機会を与えてくれます。

私は、ペット飼育可能な賃貸マンションに住んでいますが、猫にとっては満足のいく生活ができているのでしょうか?

賃貸のワンルームマンションではきっと走り回ったり運動をしにくいかなぁ、と思いDIYでキャットウォークを作ったり、キャットタワーも設置したりしていますが、果たして満足してくれているのか…?

トムに聞きますが、トムは何を答えるわけでもなく後ろ足で首のあたりを搔いています。

トムは1日で寝ている時間も長くて、一緒に家にいる時はずーっと寝ている時もあったりします。そんな時はチャンス!

今のうちにブログでも書こうと思ってパソコンを開けて、テーブルにお水をいれて、おつまみのナッツも用意して準備を始めます。

さて、作業を開始しようかなーとブログを書き始めると、今まで寝ていたトムがテーブルの上に飛び乗り、パソコンの裏から私をジーっと見つめてきます。

私は来たな~と思いながらも、かまっていると進まないので黙ってスルーします。

トムはジーっと私を見続けています。

トム「おい、そろそろ遊ばないか?」

私「・・・・・・」

トム「おい、無視してんじゃないよ」

私「・・・・・・」

こちらが何をしていようとトムにとって関係ありません

自分の気持ちをまっすぐ伝えてくるのです。

「お前が何をしているかとか知らねえ、おれは今遊びたいんだ」

もう、横暴です、暴君です

目で訴えても、聞いてくれないとき、俺様トムは他の方法でアピールしだします

部屋の壁を自慢の爪でガリガリ

トム「ほら、これでどうだ?」

これは、私も無視していられないので、止めに動きます。

トムもわかってやっているみたいで、私が動き出すと、「やったー遊ぼうぜー!」と言わんばかりに飛んで逃げます

トムの作戦にかかった(かかってあげた)私は部屋の中でトムを追いかけまわします

トムもわざとなのか、すぐに捕まえられます。

両手でトムの体をガシッと掴むとゴロゴロと喉を鳴らしているのです。

猫のゴロゴロ音

トムからは嬉しさを隠し切れずに喉から大きなゴロゴロの音を聞くとなぜか、私も嬉しくなってしまうのです。

ちなみに、この猫のゴロゴロ音には色んな種類があるそうです

まず、リラックスしている時、幸せを感じている時、喜んでいる状態を周囲に知らせることができるので、人間でいうところの笑顔に近いかもしれません。

また、このゴロゴロ音ですが、人間にとってもメリットがあるとか・・・

猫のゴロゴロ音の低周波はほぼ25ヘルツといわれており、これは体の緊張をほぐす副交感神経を優位にする効果があるそうです。

副交感神経が優位になれば、ストレス解消効果や免疫力もアップするとも言われております。

低周波には多幸感がえられる「セロトニン」を分泌させる効果もあります。

猫のゴロゴロ音は自律神経やホルモンバランスまで整える効果があるとは驚きです。

少し脱線しちゃいましたが、

そんなことを何回か繰り返しながら、ブログを書いたり、作業をしたり、歌詞を作ったりしています。

何とかかんとか、作業を終わらせた私は、心置きなく「よーし!トム遊ぼうかー!」

とトムの方へ行って遊ぼうとすると、トムはもう寝るモードに入っています。

トム「いやーまた今度、今は眠いから寝るよー」

これが人間だったら許されるのでしょうか?

しかし、そこで自分の気持ちに正直に生きることの難しさを知るのです。

こんな風に生きていけたなら、今とは違う景色が見えたりするのだろうか、とか思ってしまいます

猫は、人間が難しいと感じていることでも、とても簡単にやってしまいます

ひょいと、いとも簡単に、

あくせく働く人間を横目に「人間は大変だねぇ」とあくびをしながら言っているようです。

【自分に正直】シンプルでかつ、壮大な生き方をトムに学ばせていただいています。

本日もよろしくお願いします。